初診 No1

鬱病

色々とした調べた結果、住まいから通院出来る良いのではと言う事でM市にある心療内科に通う事になったのが後の祭り。

期待していた俺の気持ちとはかけ離れていた。「今日はいかがなさいました??」ってしゃべりながら一切俺を見る事無くパソコンガン見…

俺がドクターに毎日夜寝れなくて疲れが取れないので受診に来ました。と伝えると2言目に発した言葉がなんと「鬱病ですね」と間髪入れづに「薬出しときますね」の早さで診断終了…

毎週通院して下さいってパソコンに向かってしゃべっていて不気味だった。何しろ心療内科は初めてだったので初診時は自分にこれが普通だと言い聞かせて会計して処方箋貰って薬局へ行き会計すると金額がお高い事。これまた自分を自分で納得させるはめになる。

なんだかこれが続くと家計に響きそうだったので早い事直さなきゃと思っていた。けど薬は飲めども夜には目がさえて気が付いたら朝の5時とかあたりまえ。薬も初めてだから弱い作用の物だろうと思ってた。

2回目の受信へ行ったら1回目と同じパソコンガン見ドクター「寝れました?」って一言。俺「寝れませんでした」と返事を返すと「じゃあお薬強めに変えましょう」「また来週来て下さい」と1分間の診療で終わり…1度も顔見ず。会計し処方箋もらいって薬局へ行ったら薬剤の金額が上がっていた。

診察2へ続く。

コメント